雨漏りをみつけるのは、どれだけピンポイントで、雨漏りしてる場所を特定できるか!である。

瓦を取り外してみると、ほぼわかる。これも経験からである。このS型スレート瓦の雨漏りの原因の90%は重なりからの雨漏りである。この理由は二つ!

企業秘密にしておこう。

写真は、本日の西条の神戸のお客様の家である。見積もり提案書はプロとして素人さんであるお客様にどれだけ分かりやすく雨漏りの理由と補修の方法を写真と説明。工事金額の説明が出来るかである

カラーベスト雨漏り

カラーベストに塗装をしたら雨漏りしだした。そんな経験された人はいませんか?

カラーベストの塗装には、塗装の後にこんな作業が必要です。

カラーベスト雨漏り2

黒いスペーサーが見えますか?

塗料による、めつまりが雨漏りを引き起こします。ですから、後からスペーサーを取り付けるには、カッターナイフで、塗料を切ってスペーサーを挟み込んで密着してるところに、空間を作ります。

これが雨漏りをさせない工事なのです。瓦屋さんしか知らないことですが、塗装やさんも勉強して知ってる人もボチボチ出てきました。

工事内容

カラーベストコロニアルの、雨漏り修理

工事場所:愛媛県西条市神拝の某邸
価格:18万円
工期:2日間

お客様のご要望

雨漏りを直してほしい

雨漏り点検1

西条市 雨漏り修理

雨漏り2

西条市 雨漏り修理2

雨漏り3

西条市 雨漏り修理3

看板

『まだ雨漏りした板が湿ってます。雨漏りは、ちょっとした原因で始まります。雨漏り3に注目してください。今回は重なりの水の返りに釘が打たれていてそこからの雨漏りです。白くなった部分が雨水が返った範囲です。』
「瓦屋根診断技師」日野克則


リフォームわんが、雨漏り補修

今日は、西条のとある工場の屋上にて雨漏り補修の防水工事です。

長い年月で、コーキングが、劣化して防水機能を失ってます。

ここで防水のプロが、原因と修理の方法を提案して、契約。本日より工事開始です。今日は、一番大切な下地作り。ケレン(掃除)そして、プライマーの塗り込みです

必ず雨漏り止めて見せます。

西条市内でおばあちゃんがひとりですんでます。でも、お子さんが一週間に1度はお孫さんをつれて遊びに来てくれるそうです。

鬼瓦が、落ちてしまい修理です!

寄せ棟や、入母屋の屋根には、すみ棟があります。

土台の部分は漆喰でめんどしっくいが、ぬられています。

その部分が10年もすれば、剥がれてきます。赤土が雨水を吸って飽和状態になれば、水漏れします。また、どんどん土が侵食してしまうと雨漏りにもなります。

しっくいだけの塗り替えが可能です。

入母屋屋根は、すみ棟がついています。その、すみ棟の尻の部分のトンネルがごみつまりして、雨漏りすることがあります。

この部分に、葉っぱや土がつまったら雨漏りします。

こんなところは、一般の人たちは点検したりしませんからね。雨漏りし出したら早めの掃除を!

点検して雨漏りの原因を発見

image

報告、見積もり、契約となり工事開始です

image

瓦を取り外し

image

谷を入れる

image

完成です!これで雨漏りは100%阻止しました❗

今回は原因は平行谷の継ぎ手からの雨漏りでした。本来なら継ぎ手無しの一本で谷の入れ換えをお勧めしましたが、予算上簡単な修理ということで、写真のような苦肉の策となりました。3年以上は大丈夫でしょう!

image

image

image

image

雨漏りの跡です

image

重なりの釘を伝わり雨漏りしてます

S型スレートでもっとも多い雨漏り
修理方法
金額はリフォームわんへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP