今日は、新居浜西条経済研究会の9月例会でした。龍馬プロジェクト全国会の会長を努める、神谷宗弊さんを講師に迎えての例会でした。久しぶりに熱くなりました。

21才でカナダに勉強しに出てアメリカ、ヨーロッパ、アフリカ等を渡り歩き、世界のスタンダードを見て聞いて日本に帰る。そして人生の生き方、日本の将来のあり方等を本気で考えるようになる。そして29才で大阪の吹田の市議会議員を二期勤めて大阪維新の会と、考え方の相違で対立して、議員から会社を設立して、議員の立場からではなく日本の将来を考える行動を起こす。

いまの日本人の物の見方は、マスコミ等で作られた考え方で、世界の環境や日本の歴史や、戦後の仕組みの作り方等を勉強して見て聞けば、今の日本の国民の間違った考え方がわかると言います。

僕が知らなかったGHQ!日本の歴史教育にはなぜ、第二次世界大戦のこと、その後の事が詳しく教科書で学ばないのか?いま小間生と不思議です。昔の弥生時代や江戸時代のこと、そして近代のことです。一番世界平和のために知らなくてはいけない、おじいちゃんや親戚の人達が戦い無惨になくなった、あの出来事、それはGHQが、日本の弱体化を、洗脳したから。

豊かな国から、平和ボケしてしまった、日本の国民は、もっと本当の歴史を知るべきなのかもしれません。テレビや新聞は正しいことも言いますが、スポンサーや、大きな力の裏側は決して流れないのですね。

北朝鮮の核開発や歴史も学び、ただのバカな危ない国と、思っていました。日本が好きな国民であり、日本軍が作ったのが北朝鮮の軍。日本の軍歌の替え歌を北朝鮮軍歌として歌っている。もっと詳しく知りたいとも思いました。

今日は、自分を見つめ直す素晴らしい一日となりました。

53才人生をどうしたいのか?

家族をどうしたいのか?

会社をどうしたいのか?

日本をどうしたいのか?

今日のひとり言

『目指すべきモノを見つめ直します』

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP