地区防災計画策定

橘校区が西条で一番早く、防災計画を進めることとなりました。防災士の一員として、まずは、個人、家庭、町内、橘校区、お世話をするエリアを広げて行きます。災害はまずは、自助です。自分が自分を助ける。全員がそれができたら、誰も助けが必要ないということですから。それができない人を出来る人が助ける。それは、共助ですから、みんなで共に助け合うということです。

本日第二回の講習が終わり、第三回は橘の地域をそれぞれの町内を90分かけて子供たちと共に災害で危ないところや、昔起こったことがある災害を説明しながらタウンウォッチングします。そのコースを本日決めました。
今日のひとり言

【備えあれば憂いなし。災害の防止は出来ないが減災害はできるはず】

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP