頑張らないよう頑張る

後二日と迫った平昌オリンピック。そのビックエアーというスノボーのアクロバット競技みたいなものに出場する藤森由香さんの言葉で「頑張るというのは、実力以上のもを出そうとする。私はいつもの通りしなければならないから、頑張らないように、することを頑張る」とても理解できるコメントである。

良くオリンピックを楽しみたいという人もいましたが、もしかしたら同じ意味だったのか?

今回の藤森さんの言葉は、とても分かりやすかった。

彼女がすごいのはスノーボードクロスというタイムを競う競技が得意で19才で、初めてオリンピックに出たときに7位に入賞その後も二度オリンピックに、クロスで出場している。しかし最後と位置付けた今回のオリンピックに、やったことがなかった初めてビックエアーにチャレンジして、出場を手にしている。一線を越えたことのある人は、一線の越え方を知っているのでしょう。そのまた、メダリストというのは、運や実力や心などを、その時に最高の状態にもって行く事ができる一握りの人!

オリンピック楽しみですね。金メダル候補も沢山いるから。

今日のひとり言

「人生は頑張らないと面白くならない。だから僕は人生を楽しむためにいつまでも頑張れる」

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP