西条市橘小学生の子供たちで行われているとうどうさんかきくらべ大会。平成元年に始まったとされています。今年で30回目の開催度した。総合の司会を出来たことも嬉しいことです。また主催者としても挨拶させてもらいましたが、地域の文化が人を作ると思います。橘っ子が、世界一心優しく穏やかで、素直な子供たちに育つのはこんな環境を作っている地域だからなのかもしれません!

この橘を誇りに思います

6日は、楢木自治会のおひまちでした!明日はとうどうさん作り
おひまちという歴史は、朝まで飲み明かして太陽が出てくるのをまつのが、おひまちだと聞いてます。が、朝まで飲んだことは一度もありません。し、先輩たちからも聞いたことがありません。ちょっと意味合いが違うかな?昨年から楢木東西が一緒におひまちをすることになりましたが、100件以上ある楢木ですが、30人程度の集まりですが、これが良い数字なのか?悪いのか?三割だからまだ良いのでしょう。おそらく20年後には2割を切る集まりとなるでしょう。

楢木の祀り事は、春祀り、運動会、ふじ花見、夏祭り、お玄蕃さん、おひまち!総会、他に盆ソフトや、地方祭、バレーボール大会など、沢山あります。沢山とは思ったことがありませんでしたが。
これでいいのだ!

今日のひとり言

「地域のお世話が人と人の繋がりを深める。だから人のお世話はしなくてはいけない」

 

五日目がすきましたが、今日は仕事初めの神社参りでした。私が商売を初めてずっと続けています。神頼みは好きではありません。自分が努力した結果しか、ビジネスは答えが出ません。ぼくは、年始のスタートの気持ちの切り替えとケジメと思い始め今からも続けて行きます。

大切にしなくてはいけないものは、ご先祖さまであり、両親であり、お客様であり、社員の仲間です!

今年のひとり言

「社員が神様!お客様は第一主義」

  今日は、毎年恒例の瓦葺き講習会です。今年は一級が2人、二級が8人と沢山の「かわら葺き」受験者がいます。青年部が中心に開催してます。

私も30年前にチャレンジしました。技術は、練習しなければ絶対に合格出来ません。

若い技能者が検定合格を目指す。巣簿らしいことです。和型のかわら葺きは、日本の伝統文化です。継承してもらうためにも、業界あげて支援をして行きたいです。

外国に進出しようと、思うからこそ日本の技術の素晴らしさを実感します。

今日のひとり言

「文化は人から人へと繋げるモノ」

毎年何もないお休みです。この日に一年の目標や、経営計画書を仕上げます。が、なかなかエンジンかかりません。

今年は二月の愛媛マラソンの完走をする

ベトナム進出に向けた準備をしっかりする

ベトナムに進出してからしっかりとやることをやり、結果を出す。

今年は勝負の1年です

   2日は恒例の西条西中野球部53年卒業から56年卒業の四学年が集まり野球の試合をします。今年も足がひきつる人が出て来年からソフトに変更となりました。来年からどうするか?アンケートをとったら、昼も、スポーツして、今まで通り開催したいと言う声が半数以上で、やめようと言う人は一人もいませんでした。なにか、良い同窓会の延長です!幹事が一回り四年間また、頑張りましょう!

2018年のまくあけです。

明けましておめでとうございます。

素晴らしいスタッフと共に2017年を終えることが出来ました。そして新年を迎えられます。来年度はベトナムに身をおいて、どれだけ出来ているのか?不安も有りますが、今はまだ、チャレンジして、成功するワクワク感覚の方が強いです。

今年は2月に愛媛マラソンにも当選してます。昨年は悔しいめしたので今年は少し体調をしっかりと管理して望み、今年最初のチャレンジを成功させて、弾みにしたいと思います。

元旦に、少し走ってきます。頑張るぞ❗今年も‼️

今年も皆様にとって「幸」多き年となるように‼️

仕事納めまで あと2日。見積りを待ってもらっているお客様も沢山いるのに、今日は、朝からコーキングうちの、職人を朝から5時まだ段取り悪くやってしまい、全く営業の仕事が出来なかった。昨日は夜11時半まで今日は、10時半まで夜は事務職。明日の勉強会の資料作りや、今年のまとめ。ボーナスの査定、来月のベトナム出張の段取り、日本と!ベトナムの会社経営計画書 の作成。ちょっとパニックぎみです。

明日も営業は出来そうもありません。当社の休みにはいる30日しか営業出来そうな自分の時間は、なさそうです。いつもの事ですが、今年ほどバタバタ年末は初めてです。

明日は午前中に年末大かたずけと、掃除。昼から会社の 、勉強会(夢会議) そして、忘年会。

一年の締めくくりを社員とお世話になった一部の協力会社の人達とやりたいです。

今日のひとり言

「暇より忙しい方が良い!忙しいは人から信頼され頼まれ事が多くなったと思え」

リフォームの営業とは一言で言うならば「お客様の不安を全て取り除いてあげること」

営業マンは、物を売ろうとするけれど、決してお客様は物がほしいのではなく、その物で何かを解決したいのである。

それが理解できれば、何をするべきか?

おのずと、わかるはず。

金額が大きければ大きいほど。

会社は経営者以上には、絶対に成長しない。万が一 成長してしまったら、その会社は倒産する。

では、経営者とは何が大切なのだろうか?

僕が思う一番大切なものは、「時流を読む」力だと思う。色んな大切なものがあるが、最も必要と思われます。時流とは?過去の結果を踏まえ、今がありそして今から、どうなるのか?どう行動をしなくてはいけないのか?

その力を身に付けなくては日本の成熟した産業の中で勝ち残るのは難しいと思う。

では、その時流を読む力はどこで養われるのだろうか?それは、勉強以外にない!もって生まれたものではないのだ。勉強とは、人の話、本や、DVDや、セミナー、そして今までに経験した事である。
今日のひとり言

「勉強を止めたときに人の成長は止まる」

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP