雨漏り | 株式会社 住宅アシストFASE

難しい雨漏り調査。34年雨漏りなど調査したり修理をしてきた。原因は様々です。目視ではわからない雨漏りもあります。

この現場がその現場です。

ヒントはこの写真です

水が流れた跡があります。メンドの下から流れた跡から、雨水はアマ押さえの中(壁の中)から出てきたと思われる。その量もかなり多い雨水と思われる。

1、ベランダの掛けのビスから!でも流れた瓦の上にビスの無いところもある。

2、ベランダ腕木のブラケットの、ビスから!しかし両サイドから入った雨水が、90センチ離れたセンターから水が出てくるとは思えない

3、アマ押さえの折り返した下の折り返した部分から!これも上と同じで90センチも離れたセンターから水が伝うとは思えない。

4、ベランダ上の吐き出しサッシの下部の角から!これも雨水が、横にはう事がちょっと理解し難い

しかし、私の経験上からは、これ以外は考えられない。まずは、これら四つの可能性を潰す工事をする。見積もりを出させていただきました。

八尾の立派な家です。が雨漏り

銅板は、建築当時は腐らないとされてました。が、写真の通り酸性雨と、瓦の反応により穴が空きます。

谷の入れ替え工事で、解決します。ワンランク上の工事は雨水オーバー防水シールの施工

完璧な施工!谷の瓦の綺麗な切り合わせ!谷はステンレス。雨水の多い時の防止シール

黒くにじんでるのが、雨漏りの跡です。これは、瓦と瓦の間に挟まっているホコリゴミや、毛細管現象、くぎ、重なりの少なさ、などの原因の組み合わせにより発生するものです。

表面からはわからないので、素人さんは重なり部分をコーキングして、さらに目詰まりと言う原因も増やしてしまいます。正しい処置が必要です。

雨漏りドクター

日野克則までご連絡を

原因は板金屋根とパラペットの壁との取り合いから雨漏りしてました。ひび割れした壁は、撤去して、雨押さえをいれて、壁を貼り笠木を、そして丸瓦で仕舞いしました!

雨漏りの、お客様めくってみると長年の雨漏りで野地板腐り。野地板を交換張り替えゴムアスルーフィングを貼りました

そしてきれいなコロニアルは、そのまま使用してひび割れたり、悪い瓦は取り替えました

もうこれで安心です!リフォームわんは、

「雨漏り止めてみせます」

0120-304-005まで!

森建設ベトナムさんとの、現場の打ち合わせが終わった後は、当社の経理のuyenさんとの、打ち合わせ、指定された喫茶店がおしゃれです!

外国の人がたくさんいます。茅葺きのような建家の作り、流れてくる音楽、そよ風、欧米人のお客様、聞こえてくる外国語の言葉など全てが落ち着く雰囲気です。日本では絶対にあじあう事が出来ない空気!

今月の中旬から始まる現場の、再打ち合わせは来週火曜日。この後は屋根工法(Hino工法)の打ち合わせ!

屋根工法の部材販売も、今から進めていきます。資金はしんどくなったけど、諦めないで挑戦して行きます。

工事内容

雨樋掃除

工事場所:雨樋

施工前

 

雨樋に土が溜まって草が生えてきてました

施工後

 

掃除して綺麗になり、水も流れるようになりました

 

看板

雨樋の掃除等のちょっとした工事も承ります(^^♪

お気軽にお問合せ下さいね(`・ω・´)ゞ


工事内容

ベランダ防水工事

工事場所:屋上ベランダ
価格:29.9万円
工期:7日間

お客様のご要望

雨漏りを止めてほしい。

施工前

ヒビ割れコーキング処理

ウレタン防水1回塗り

歩行用塗料仕上げ施工中

施工後


看板

ベランダにクラックが入っており、雨漏りがしていたのでベランダ防水を行いました。防水するとこんなにも水はじきが変わります!お家を建ててから中々防水工事をする機会はないかもしれませんが、クラック(ひび割れ)を発見したらぜひ防水工事を
検討くださいね。


今日は、勇雄くんと、一緒に久しぶりに屋根の仕事を午前中やりました。早くも夏を感じさせる気温です。昨夜のビールが全て汗となり10時にはTシャツは、びしょんこ(笑)季節を感じ、雨漏りを治し、お客様に喜んで頂ける最高の仕事です!

カラーベストコロニアルの雨漏りです。茶色部分が雨水の跡です。

わかりますか?釘穴を越えて雨水が、広がっているのが。

原因は塗料による、目づまり。

今回は部分葺き替えをします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP