2018年3月9日 | 株式会社 住宅アシストFASE

以前にも書いたかもしれないけど、好きな言葉なのでまた書きます。

吉田松陰先生の言葉です。

「夢なきものに理想なし!理想なきものに計画なし!計画なきものに実践なし!実践なきものに成功なし!ゆえに夢なきものに成功なし」

僕の30才の時の夢はヘリコプターに乗って、京都のお寺の屋根を葺きに行くことでした。そして今は、ベトナムに日本人村をリゾート地に建設することです。

努力する人は希望を語り、怠ける人は愚痴を語る?

希望を語り続けたい

はやあの大震災から7年目が過ぎようとしてます。よく、南三陸に災害地に、来てください!と、被災地の方から言われます。よくその意味がわかりませんでした。今も確かなことはわかりませんが、人とふれ合うこと、話すことで心のケアー(明るくなれる)が出来る。

そして、少しでもお金を使ってくれることで、経済(生活)が良くなる。そんなおもいなのかな?と、思う。

飯館村 の中学校がやっと始まるようです。20キロ離れた仮説学校に通っている生徒の全員が学校に帰ると言います。一時間以上かかるけど通いたい。と言います。地元愛なのですね。

僕が橘を好きなように。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP