2020年3月25日 | 株式会社 住宅アシストFASE

毎週の水曜日に日本の営業と工務と私でズームミーティングをしてます。私にはこの、ミーティングだけが会社の様子を見るバロメーターです。今日の議題は「工務と営業の仕事の歯車」私は、決して工務の健太が仕事の、充実感を味わってるとは思わない。それを思わせられなイのは私の責任。仕事は人に言われた事をするだけの仕事は作業。そんなものはつまらない。自分が考えて、お客様や同僚の仲間が心より感謝して言葉をもらう事こそが、仕事であり、志事になる!コロナショックほ、わが社にも吹いてきたようだ。この、荒波を絶対に乗り越えて強い会社を作る!そんな気持ちで、ミーティングを、大切にして行こう。

今日のひとり言「今のリフォームわんは一つの結束したグループとなり、空高く飛び強い組織となります」

携帯をなくしたり、帰国等プログを書くための仕込みが大変でかなかな、書き込み出来なかったけど、やっと書ける状態に、なりました。数回は事務員さんに、代行投稿してもらいました。自分で書けるようになったので、また出来るだけ毎日書いて行きたいと思います。このブログは、3日坊主の私が初めて毎日続ける事に10年くらい前にチャレンジしたものです。一度途切れてしまうと、「もういいか!」に、なってしまいますが、あえてベトナムの生活や、コロナ情報等含めて再度チャレンジします。御愛読宜しくお願いします🙇⤵️

昨日は小松町のお客様で今月契約予定が契約延期になりました。
政府がコロナ景気による消費税減額対策をだす?無担保無金利など財政政策も、日に日に出てくるいろんな情報!しっかりとした会社として個人として大切な情報をキャッチしなければなりません。こんな時こそ「虫の目・鳥の目・魚の目」が必要。しっかり自分の置かれている状況(虫の目)を見て、地域や世間の状況(鳥の目)を見て、政府の方針やお客様の動向(魚の目)など見て行動してゆかなくてはいけません。
観光産業が不景気になり、輸出輸入産業が不景気になり、運搬業が不景気になり、イベント産業が不景気になり、外国人がこなくなり、人が動かなくなります。中国からのいろんな商品や部材が入らなくなります。
関係ないと思っていた建築業界にも、設備資材等が入らない、景気の不安感から大きな契約はちょっと見合わせようなどと、影響はすでに出てきました。これから夏頃までは「受注自体少ない」状況にることが確実です。
「ピンチはチャンス」必ずそうです、ちゃんと施策を打って、乗り切る会社は強くなります。
今回の「コロナは会社を強くします」

コロナの嫌な空気の流れる中、本日早朝に2件の悲しい知らせが届いた。
青年会議所で共に汗した元メンバーの心筋梗塞での突然の死。そして、ライオンズの現役メンバーの不慮の事故死。
来年は我が身、今年は我が身、明日は我が身
そんな気持ちで毎日悔いの無い人生を生きよう!

よろしく、深くお願い申し上げます。
なお自分で努力はして行く所存です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP