2020年3月26日 | 株式会社 住宅アシストFASE

24日現在では

24日に新たに感染が確認された11人の詳細は以下の通り。

◇124人目の感染者(男性・52歳):ブラジル人。ホーチミン市2区在住。3月14日に「ブッダ・バー」訪問。
◇125人目の感染者(女性・22歳):南アフリカ人。ホーチミン市7区在住。3月14日に「ブッダ・バー」訪問。
◇126人目の感染者(男性・28歳):南アフリカ人。ホーチミン市7区在住。125人目の感染者の友人。3月14日に「ブッダ・バー」訪問。
◇127人目の感染者(男性・23歳):ベトナム人。ホーチミン市タンフー区在住。「ブッダ・バー」店員。
◇128人目の感染者(男性・20歳):ベトナム人。北部紅河デルタ地方ハイフォン市レチャン区在住。3月20日に留学先の英国からノイバイ国際空港に到着(VN0054便)。
◇129人目の感染者(男性・20歳):ベトナム人。ハノイ市カウザイ区在住。3月20日に留学先の英国からノイバイ国際空港に到着(VN0054便)。
◇130人目の感染者(男性・30歳):ベトナム人。ホーチミン市ビンチャイン郡在住。観光でスペインを訪問し、ロシア経由で3月22日にノイバイ国際空港に到着。
◇131人目の感染者(男性・23歳):ベトナム人。ホーチミン市ビンチャイン郡在住。観光でスペインを訪問し、ロシア経由で3月22日にノイバイ国際空港に到着(SU290便)。
◇132人目の感染者(女性・25歳):ベトナム人。ハノイ市ロンビエン区在住。観光でスペインを訪問し、ロシア経由で3月22日にノイバイ国際空港に到着(SU290便)。
◇133人目の感染者(女性・66歳):ベトナム人。西北部地方ライチャウ省ライチャウ市在住。3月中にハノイ市バックマイ病院を受診(同院の看護師2人が86人目・87人目の感染者)。
◇134人目の感染者(男性・10歳):ベトナム人。ハノイ市タックタット郡在住。観光で海外を訪問し、ロシア経由で3月18日にノイバイ国際空港に到着(SU290便)。この状況を見たら外国からの入国者を止める理由がわかりました。これしかないのかもしれません。今のところすべての感染原因がわかっているところなので、もしかしたら今月でベトナムは完治するかもしれませんね。徹底ぶりが半端ない。国あげて必死感が感じられる。日本では出来ないだろう!

今日もコロナウイルスの話になってしまいます。

ベトナムの施策はある意味すごいです。
飛行機の欠航、ビザの発行停止、外国人の入国禁止から、映画館、体育館、カラオケ、マッサージ、バーなどの営業停止、そして昨日からサービス業(飲食店30席以上)の営業停止。一昨晩24日の6時に決定して翌日から営業をさせないという。まったなしの、ベトナムルール。さてこれで、感染を阻止出来たら、拍手喝さい。
しかし日本ではこんなことは絶対にできないだろう。営業停止てて、売り上げ、人件費、家賃などどうするの誰が払ってくれるの?ですよね。そんな事お構いなしで、決定実施してしまうのが社会主義国なのかもしれない。
もうこれで私の楽しみは、すべて失いました(笑)
週一回のバトミントンとその後のビール
週に3回程度言っていたジムトレー二ング
友人たちとの外食
そのうち10人以上集まったら逮捕との条例が出そうだ

おたくになれない私はどうすればよいのだろう・

騒ぎすぎ?それともこれでいいのだ⁉️

本日日本の、西条で二人の告別式が執り行われている。1人は青年会議所時代に共に汗をかいた後輩、もう1人は現役のライオンズの、先輩である。心筋梗塞、心臓停止など、余りにも急な逝去となりました。先週は義父の葬儀を家族が出してくれたばかり。命知らずと向き合う時は近づいている

これが人間の人生。我が人生悔いなし!そんな人生を噛み締めながら毎日を生きよう✨「自分が決めた道を突き進む」

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP