2020年10月20日 | 株式会社 住宅アシストFASE

今日は、ライオンズの第二例会です。名誉会員である、京都の仁和寺の門跡瀬川大秀様をお迎えして内部卓話を頂きました。瀬川さんの話の中で、コロナはコンタクトデスを招いた。コンタクトデスとは、人と人の繋がりが無くなったという意味です。オンラインや、ソーシャルディスタンスなど確かにどんどん、離れてる感はあります。AIや、5Gが、今からなお加速化させそうです。どう生きるか?どんな仕事の仕方をするのか?大きな舵取りをしなくてはならない令和の時代です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP