マレーシアヤクルト | 株式会社 住宅アシストFASE

マレーシアヤクルト

10数年前にマレーシアのクアラルンプールに、ヤクルトさんが進出。その後の今に至るまでの経緯や課題など、現地の濱田浩志社長本人からお話しを頂きました。食文化の違い、会社の営業法の問題、お客様へのアプローチ、社員の不定着など、今からベトナムで会社を運営して行くのにとても参考になりました。

当然シェアーは、この国のナンバー1と思いきや、なんと2位。なぜかというと、現地の会社がヤクルトさんが進出する前からマレーシアでの、販売をあのヤクルトの容器で売っていたので、この国ではヤクルトが、バッタ物。と、思っていたらしい。学校や地域を巻き込んだイベント等で売り上げをあげています。戦略面も流石素晴らしい。よい研修となりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP